無課金の出会い系サイトが100%詐欺サイトな4つの理由

完全無課金の出会い系サイト。
夢のようなそのサイトは、確かにここ日本に存在しています。しかしその多くが、というよりも無料サイトは100%の確率で詐欺サイトです。なぜ断言できるのか、今回は無課金の出会い系サイトが100%詐欺サイトである理由を3つご紹介したいと思います。

出会い系はボランティアじゃない

まず初めに、出会い系は慈善事業、つまりボランティアではありません。きちんとしたビジネスなんですね。男女マッチングサイトといえば、それっぽく聞こえるでしょうか。出会い系は男女の出会いをサポートする為の、立派な事業なのです。

では事業を行うにあたって何が必要なのか。そう、お金です。どこかからお金を引っ張ってこれなければ事業は成り立ちません。優良出会い系サイトはすべからく男性側が課金をしなければいけませんね。そのようなシステムでなければ、運営が成り立たないからです。

ゆえに、無課金の出会い系サイトは事業として成り立たせるための金銭を調達する術を持たず、そもそも出会い系として機能させる気のないサイトであることが分かります。では詐欺サイトの目的は何なのかというと、

有料の悪徳サイトへの誘導です

無課金は釣りでいういわば餌です。そこで個人情報を収集して、他の有害サイト、架空請求や実際に詐欺を仕掛けてくるサイトに誘導するわけです。そんなの引っかかる人なんているのと思うかもしれませんが、意外にいるんですね、これが。いるからこそ、この手のサイトは無くならないのです。

無課金の出会い系サイトはあり得ません。もしそれでも無課金を諦められないのならば、mixiやTwitterなどで地道にネットナンパ活動に励みましょう。

詐欺サイトは男性会員がほぼ100%

1つ目の理由で大部分は言い終えましたが、補足的な理由として。無課金の出会い系サイトは男性会員がほぼ100%を占めています。ほぼってことは少なからず女性がいるということですね。しかしこれは全員サクラです。そもそも出会わせる気がないのですから、女性はいなくて当然です。

サイトに登録したらひっきりなしにメールが来るかと思いますが、それらは全てサクラからのメールですので徹底的に無視します。間違っても返事をしてはいけません。ブラウザを開くのさえ危険かもしれません。

詐欺サイトはメアドのみで登録できる

簡単に登録できるのは良いことですが、出会い系に関して言えばそれは警戒すべきことです。なぜなら、これはフリーアドレスさえ取得すれば誰でも登録できるということを暗に示しているからです。つまりサクラの温床であるという証拠なんですね。

実際に確認して頂ければ分かりますが、大手の優良出会い系サイトは電話番号や免許証などでの本人確認を徹底しています。本人確認が取れなかった場合はサイトの機能はほぼ使えないままとなります。これによってサクラの繁殖を防いでいるのですね。

メアドで簡単に登録できるサイトは信憑性がなく、出会える可能性もゼロです。時間の無駄になるだけですので詐欺に引っかかる前に手を引きましょう。

無料のサイトは同時登録される

無料サイトに登録すると、同時にまた別のサイトへ登録されます。見知らぬサイトからメールがきたと思ったら、さっき登録した出会い系の姉妹サイトだった、なんて場合がそれに当てはまりますね。ここで出会いの幅が広がったラッキーなんて思ってはいけません。

同時登録をさせるサイトは100%詐欺サイトです

同時登録させられたサイトをよく見ると、無課金で利用できるサイトではなく、高額の利用料金を請求するサイトである場合が多くあります。しかもそれらのサイトは後払い方式であることが多く、それを知らずにそのサイトを利用してしまうと、後に請求書という形であなたの生活が脅かされることになります。

もちろん払う義務はありませんが、トラブルに巻き込まれないように注意すればそういった迷惑を被ることもなくなります。見知らぬメールは不用意に開かない。同時登録をさせられた時点でそのアドレスは変更するか捨てましょう。そのうち、1日100通を越える迷惑メールが送られてくるようになります。

まとめ

詐欺サイトが未だにはびこる理由は、まだ引っかかる男性が一定数いるからです。
無課金の出会い系サイトで会えるなんていう甘い現実はありません。
今回は理由を3つご説明しましたが、これらも普通に考えれば分かってしかるべきことなんですね。無課金の出会い系サイトには絶対に登録しないことを、肝に銘じておきましょう。

※利用者700人が選んだ、おすすめ出会い系ランキングはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事