出会い系で断られにくいLINE交換のテクニック4選

LINE交換のテクニック

出会い系においてターニングポイントとなるのが、LINE交換をしてサイトを抜け出せるかどうか?ですよね。ファーストメールがいくら良くても、どんなに趣味が合っても、LINE交換ができなければ意味がありません。
中にはサイト内で会う約束を取り付けようとする方もいますが、それはあまりにも不確実かつ非経済的なので止めておいたほうが無難です。

以前は直アド交換が主流でしたが、今ではLINEをコミュニケーションツールとして使っている方が多く、いかにしてLINE交換を成功させるかが勝負となります。
その為のテクニックを、今回はいくつかご紹介したいと思います。なお、テクニックとして記載してはいませんが、前提条件として数往復のメールのやり取りが必須ということをご理解、ご了承ください。

中にはファーストメールでいきなり訊きだしてしまう猛者もいたりしますが、それを行うには様々な要素を綿密に絡み合わせなければいけませんので、今回は割愛させて頂きます。

メールor LINEの選択肢

たとえば、あなたが女性をデートに誘うとします。その際、どのような切り出し方をするのが最も効果的だと思いますか。下記の2文をご覧ください。

「今度どこかに食事行かない?」
「○○と○○だったら、どっちが好き?」

上の方の問いに対する答えは「イエス/ノー」ですが、下の問いは「イエス/イエス」の答えを前提としています。逃げ道をなくすのです。つまり、

断るという選択肢を女性の中から消してしまう、ということです。

この方法を使えば「その2つだったら、○○かな」という答えが返ってきて、「○○の美味しい店があるんだけど」と、結局どちらにしても具体的なデートに誘えるわけです。
これをLINE交換にも応用し、

「もし良かったらアド交換しませんか?LINEの方が良いですかね?」

と、このような言い方をするだけで相手が断りにくい状況を作りだすことができます。個人情報という観点から、ほとんどの方が「じゃあLINEなら」という答えを返してくるはずです。

LINE交換に理由を付ける

「サイトにログインするの面倒だから」
「通知が遅くてメールのやり取りが上手くできないから」

このままだとちょっと不便、ということをアピールするだけでもLINE交換の成功確率は上がります。

これは言外に、あなたともっと話したいというニュアンスも含んでいますので、それも効果的です。
ストレートにLINE交換を申し出るのも良いですが、ちょっとした理由をつけるだけでLINEをするメリットの提示が可能となり、相手もそれならばと交換に乗りやすくなります。
ちなみに、

「ポイントが少ないから」
「お金がもったいないから」

これらの理由はNGです。当たり前ですよね。あなたが女性の立場だったら、こんなケチな男性と今後もやり取りをしたいと思いますか。思いませんよね。必死なのは分かりますが、それを女性に悟らせてはいけません。

会話を盛り上げる

出会い系における最終目的はもちろん実際に出会うことですよね。出会う為には、信頼してもらう必要があり、そして信頼してもらう為には会話を重ねる必要がある。では会話を重ねるにはどうすれば良いのかというと、LINE交換をします。

では、LINE交換をせいこうさせる為に心得ておかなければならないこととは何か。それは、

女性に、この人ともっと話したいと思わせる。

これがなければ女性はLINEをしてくれません。つまり、LINE交換を目指す=女性との会話を盛り上げる、という図式が成り立つわけです。

それでは会話を盛り上げるにはどうすれば良いのかというと、女性に同調することがポイントとなります。女性は会話したいというよりも、話を聞いてほしい、共感してほしいという心理を持っています。

分かりやすい例を言えば、ある1人の女性が「可愛い」と言えば周りの女性も一斉に「可愛い」と異口同音に騒ぎだす。これです。とにかく相手の言うことに共感し、同調し、時に同情するのです。それだけで女性の心はある程度開きます。

会話が盛り上がり、それが少し一段落したと思ったらLINE交換を申し出ましょう。間違っても会話をぶった切る形で切り出してはいけません。話題が落ちつくのを辛抱強く待っていましょう。

LINEの提示はこちらから

LINEのIDやQRコードは、こちらから出すような申し出を心掛けましょう。

「良かったらLINEしませんか?こちらから教えるので」

と、こういう形ですね。いくらLINEが安全だといっても、女性としては、やはり出会い系サイトでLINEのIDを書くということに対して不安がつきまといます。それを少しでも緩和する為に、男性から情報を提供するというわけです。

ちなみに、「LINE教えてくれませんか?」という言い方だと、真逆の意味になるので注意が必要です。女性的には「え、私が教えるの」という風に思ってしまいます。気を付けましょう。

まとめ

LINE交換のテクニックを4つご紹介しましたが、これらのテクニックをなぞるだけではあまり効果がありません。4つの方法にはそれぞれ、心理や言葉などのきちんとした土台があります。
その土台を理解し、適した場面で適したテクニックを使えるようになって初めてLINE交換が驚くくらい成功するようになります。

とはいえ、場数を踏めばすぐに理解できるはずですので、まずはテクニックを使ってみてください。
それでは、皆さんに素敵な出会いがあるよう、日本のどこかで祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事