出会い系サイトで相手に本名を聞くのはどのタイミングがいい?

本名を聞くタイミング

出会い系サイトに登録する際、ほとんどの人がニックネームを使っていると思います。特に女性の方にその傾向が強いようですね。中には本名を使っている方もいますが、傍から見ればそれが本名なのかどうかは分かりません。

本名をお互い教え合うことができれば親近感はより増し、出会える確率はさらに上がることでしょう。今回は出会い系サイトで相手に本名を聞くタイミングはいつがいいのかをご説明致します。

そもそも出会い系において本名は必須事項なのか

そもそもの問題として、出会い系の相手に本名を聞くのは必須なのでしょうか。総合的に見れば、

決して相手の本名を聞くことが必須というわけではありません。

現に私にも本名を知らないで会った女性は数多くいます。中には名前ですらない、ニックネームを会った時にも呼んだことがあります。まあそのニックネームは人前で呼んでも支障のないものだったので良かったのですが。

本名を聞いたから会える、聞かなかったから会えない。こういったことはありませんので、それをご承知ください。

直接連絡をし始めてからがベスト

本名を聞くタイミングとしてはサイト内で聞くよりも、

直接連絡をし始めた直後が良いでしょう。

というのも、サイトと直接連絡の間には大きな壁があり、女性の立場としてはサイト内では匿名性を保っておきたいという意識が働くからです。出会い系を使っているということをわざわざ周囲の友人に言わないのと同じ心理ですね。

聞き方としては改めて聞くというよりも、さりげなく聞くのが良いでしょう。たとえば、

「○○って本名?俺の本名は○○だよ!」

LINEをした場合は本名が記載されている場合がありますので、その場合は改めて確認、という感じに変えます。ポイントとしては、自分から本名を名乗るということです。それによって相手の女性に安心感を与えることが出来ます。

本名を聞かれるのが嫌な人もいるので注意が必要

中には連絡先を交換しても匿名性を保ちたい人がいるので注意が必要です。
リアルとネットを全く別物として捉えているということですね。

リアルはリアル、ネットはネットと住み分けをしていますので、本名を聞くという行為が、変に詮索されていると相手に勘違いされてしまう恐れがあります。

本名を聞いてみて嫌悪感を少しでも表されるようであれば素直に引き下がりましょう。本名を聞くことは決して必須事項ではありません。そこで無理に引き下がっても関係を悪化させてしまうだけなので注意が必要です。

まとめ

たかが本名、されど本名。人によってその重みは違います。
本名を聞くのはあくまで親近感をわかせるための手段として用いた方が良いでしょう。

本名を聞くことによって出会える可能性が大幅に上がるということはなく、また逆も然りです。そこにあまりこだわらず、タイミングがあったら聞く、というスタンスを取っておくと柔軟な対応が可能になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事