出会い系で返事が来ない人に多いファーストメールのNG例

ファーストメールの作り方

出会い系でアプローチを行うのは基本的に男性側からです。女性からメールが来るということは、掲示板などに投稿していない限りまずありません。プロフ検索をして、良さそうな女性にメールする。これが基本パターン。

しかし、中にはファーストメールの返事が全く来ないという男性も多く見受けられます。
そんな人たちのメールを見てみると、ああ、これじゃあ返信来ないわけだと思うこともしばしば…つまる、なるべくしてなっているということですね。

では彼らに共通するファーストメールのNG例とはどのような点なのか。今回はその辺りをご説明していきたいと思います。

完全テンプレートのファーストメールは見破られる

ある程度のテンプレートを作っておくことは決して悪いことではありません。
慣れてくると、女性に送るメールはほとんど同じような構成になりますからね。ファーストメールでさえ作業化してしまいます。

しかし、完全にテンプレートはNGです。

完全テンプレートとは、出来上がった1つの文章をそのまま複数の女性に適用することです。下手な鉄砲数打ちゃ当たる理論でも、これでは100発に1発当たれば良い方というしかありません。

当たり障りのないことしか書かれていない文章。それに騙されるほど女性は鈍くありませんよ。効率を重視したつもりなのでしょうが、それならばファーストメールにできるだけ時間をかけた方が最終的な効率は上がるはずです。完全テンプレートの欠点は以下の通りです。

  • 相手の名前が入っていない
  • 相手のプロフを読んでいる痕跡がない

2つだけですが、これだけで十分です。まず相手の名前を入れないのは論外です。これではこの文章はテンプレートですよ、と呼びかけているようなものです。

「初めまして!」
「○○さん、初めまして!」

この2つの文章、どちらにより親近感を覚えますか。もちろん下の方ですよね。名前を呼ばれた方がより距離感が近くなります。些細なこととこれを省いている人と、きちんとこまめに相手の名前を呼ぶ人とでは最後の最後、会う段階になって違いが出てきます。

また、ファーストメールには普通質問を挟むものです。そしてその質問は相手のプロフに書いてあることから導いた方が良いのです。というのも、それは相手のプロフをきちんと読んでいる=あなたに興味がありますよというアピールになるからです。

女性が求めているのは、自分だけに興味を持ってくれている男性です。誰にでも同じようなメールを送っているような男性にはメールを返そうという気すら起きないはずです。

いきなりエロバナ&いきなりLINEに誘う

「これから暇?エッチしない?笑」
「はじめまして!良かったらLINEしない?」

別に笑いを取ろうとかそういうわけではなく、実際にこんなメールを送っている男性がいるんですよね。笑うに笑えません。怒りさえ覚えますね。出会い系、そして女性を馬鹿にしているのかと。

こんな誘いに応じる女性がいるはずありませんよね。プロフがかなり充実していれば、あるいは下の方はあり得るかもしれませんが、少なくともいきなりのエッチの誘いに応じる人はいません。いたとしたらそれは危ないやつです。

出会い系に登録している女性は少なからず下心を持っています。しかし、それを隠そうとするのが女心です。だから出会い系サイト内ではあくまで誠実な男性、エッチ目的でも何でもない風に装うのです。

女性を尊重しましょう。どうせエッチ目的なんだろ、とかいう男性は一生女性には出会えないでしょう。建前上、女性が求めているのはあくまで「普通の出会い」です。その建前に付き合うのが女性と出会う秘訣です。

ファーストメールの文章が長すぎる

問わず語りじゃないんですから、長々と文章を綴るのは逆効果です。そんな文章を自分が受け取った時の状況を思い浮かべてください。嫌ですよね。途中で読むのを諦めてしまいますよね。自分のことを知ってもらいたいがあまり、自分のことを延々と述べるのは良くありません。

ファーストメールの目的は、あくまで相手へのアピールです。

相手にどれだけ自分があなたのことに興味がありますよという想いを伝えられるかが勝負となります。要するに、女性が求めているのは男性の情報ではなく、思いの強さなわけですね。まあ、実際はそんな大層なものではないのですが。

1から10まで自分のことを伝えてしまってはその後に話が展開しにくくなってしまいます。自己紹介文でもそうですが、ある程度自分の情報を絞ることが必要です。どうしても文章が長くなってしまうという方は下書きでもして推敲しましょう。

自己完結してしまっている

疑問文も何もない文章。政治家じゃないんですから、自分の主張を一方的に伝えて清き一票をならぬ、清き一通を求めてもメールは返ってきませんよ。女性、というかコミュニケーションにおいて最も大事なモノを今一度思い出してみましょう。

会話のキャッチボールですよね。

一方的なメールを送っている男性がやっていることは、ボールを投げつけるだけ投げつけておいて後は放置、ということと同じです。女性からしてみればそれは会話ではなく、単なる主張です。

初心に帰りましょう。女性にメールを送るのはどうしてですか。会いたいからですよね。会う為にはどうすれば良いか。仲良くなる。仲良くなるためには会話を重ねるしかありません。その会話の始まりであるファーストメールが一方通行だったら始めるもクソもありませんよね。

ファーストメールを上手に作るポイントまとめ

ファーストメールで損をしてしまっている男性の多いこと。
それさえ改善できれば出会い系の恩恵を受ける男性は格段に多くなるはずです。

出会い系ってコツを掴むまでは試行錯誤が必要ですが、慣れてしまえばそこからは機械的な作業になります。パターン化ができますからね。ファーストメールの送り方を覚えて、ぜひ様々な女性との出会いをご堪能ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事